海外のような暮らし

海外のような暮らし
【*リノベ不動産施工事例*】

今回ご紹介するリノベ物件のコンセプトは、海外のような暮らしです。
日本の物件と感じさせない海外風な家にするために、海外ならではの特徴が出るようなアイディアを取り入れました。
加えて、自由に使えるスペースや収納にもこだわった設計です。

■リノベ費用:約960万円
■2人家族|83.36m2|3LDK→2LDK|築44年(購入時)

もともとあった洋室を取り壊して全体に光がたっぷり入る採光性抜群のLDKにしました。
一部をインナーバルコニー(テラス)にもしています。
キッチンは位置を変えて全体を見渡せます。
リビング手前の廊下をなくしたことでトイレ・洗面室も広がりました。

グリーンも楽しめる採光性抜群なLDK

海外のような暮らし
一部屋なくしてリビングを広げて、壁付だったキッチンをアイランドキッチンにしました。
植物が好きなので、なくした洋室の窓際(写真向かって左側の奥)はインナーバルコニーにしました。
床材を変えることで、ゆるく空間を分け、今はワークスペースとして使っています。
光がはいるのが気持ちよくて、ダイニングからキッチンにも明るさが届きます。

笑顔が溢れるアイランドキッチン

海外のような暮らし
キッチンはリビング全体を見渡せるレイアウトにしました。
キッチン横のアーチ型にくりぬいた収納スペースと背面の白いブリックタイルで海外風のインテリアに。
リビングと同じ白でも、素材がタイルになるだけでキッチンスペースとしてゆるく空間わけができて、なにより洗練された印象になります。
作業台兼収納はリビングの床と同じく木で作った造作家具です。
高さがない収納は視界を遮らないので整然とした印象にもなります。
生活感を出さないポイントは、この“すっきり感”にあります。

自在に変えて楽しめる玄関

海外のような暮らし
玄関はLDKとはうって変わり、モルタル床でモダンな雰囲気に。
土間とリビングの間には踏板があり、土間としての機能を備えつつ、リビングに入る前室のような役割でもあるニュアンスの効いた空間になっています。
壁には自転車を掛け、まるでギャラリーのような雰囲気に。
土間は収納やお子さまの遊び場、ディスプレイのように使うなど、その時々によってアレンジが効くスペース。
使い勝手の良さはもちろん、見せ方も楽しめます。

靴収納はオープンタイプにしました。
そのままでもすっきりした玄関ですが、オープンにすると圧迫感が少なく、抜け感が出ます。
オープンにすると、必然的に「キレイ」を維持しようと努めるようになるそうです。

2部屋の収納を一つにまとめたウォークスルークローゼット

海外のような暮らし
ウォークスルークローゼットは、寝室と洋室に挟まれた位置にあります。
それぞれの部屋にあった向かい合う収納の壁を壊して、一体化したというわけです。
もとの間取り&収納を活用して設計され、コスト的にも効率が良いデザインとなりました。

リノベーションは造ることと、残すこと、何を使うかということが選べるのが特徴でもあります。
元の間取りというのはもともと使い勝手が良いようにできていることが多く、あえて壊す必要がないケースも多いというわけです。

またこのウォークスルークロゼットは、どちらからも入れるのでもちろん通り抜けもできます。
忙しい時に効率のよい導線がありがたいだけでなく、風も通すことができるので、衣類にも優しい造りになっています。

ゆとりが生まれた水回り

廊下をなくしたことで広くなった水回り。
洗面室は、入って真正面にあった洗面台を左側に寄せました。収納量も多く、広くて奥行きのある洗面所は憧れの空間!
広々としたカウンターでは毎日の自分を整える場所だったりお風呂上りにゆっくりできる場所としても◎。


ぜひご参考にしてみて下さい(^^♪

 
WORKS MORE